4月13日 管理センターから見れる🌸たち

暖かさを感じる日が次第に増え、いよいよ春本番。学者村もが満開です。

ただ、気温の変化が激しい季節である春は、自律神経が乱れやすく、心身ともに不調を抱きやすい時期です。

人間の身体は寒暖差に対応するため、交感神経の働きが優位になってフル稼働します。

そのため普段以上のエネルギーを消耗し、疲れがたまっていくと同時に血液のめぐりも悪くなってしまいます。

『なんだかだるい』『気分がモヤモヤする』『肩こりを強く感じる』・・・といった心身の不調が起きやすいのはそのせい。

そんな春の不調対策として普段の飲み物をちょっと替えてみてはいかがでしょうか。

おすすめは『ジャスミン茶』

ジャスミンの香りには自律神経のバランスを整え、イライラを鎮静する作用があるそうです。

おためしくださいね!